過食嘔吐 肌荒れ 原因

過食嘔吐の肌荒れの原因

スポンサーリンク

今回は、過食嘔吐の肌荒れの原因についてご紹介します。

 

過食嘔吐をすると肌荒れの原因になるのです。
他には肌荒れは、不規則な生活のリズムや、肌のケアなどをしないがために引き起こされます。
過食症の過食嘔吐は肌荒れととても関係が深いのでご説明します。

 

・過食嘔吐のストレス
過食嘔吐は、一度に食べ物を食べたせいで、太るんじゃないかと思い吐くことが多いです。この状態が、ストレスになっているということ。

 

・食事の取り方にも問題
過食嘔吐をすると、食べたものをだすので満腹感は得られません。

スポンサーリンク

吐くことにより、胃の機能も低下して食べたものを吸収しずらいと考えますが、そうではなく逆に胃の中に食べ物がはいってないことから、吸収力は上がってしまいます。

 

この吸収力が、あがっている状態でバランスのいい食事ではなく、お菓子などチェコなどを食べてしまうと食事が偏ってしまって肌荒れの原因になるのです。

 

・食事の取り方にも問題A
胃腸などの処理力を超える食べ物を一度にとりすぎたりすることで、腸内に食べ物が残ります。
この状態を宿便といいます。

 

この残っている状態が、続ければ続けるほど体に悪い物質を血流に混ざる場合があり、血中に一度でも混ざれば全身に届けることになるので、これで肌荒れを引き起こす可能性があるのです。
宿便は漢方薬や食べ物の改善などで治ることなので安心してください。

 

まとめ

 

・肌荒れは、ストレスと食事のとり方が大きな問題である。

 

・宿便は、他の病気にもなる可能性があるので気を付けよう。

スポンサーリンク