血液検査 過食嘔吐 危険

血液検査の結果、過食嘔吐が危険だとわかった理由

スポンサーリンク

今回は、血液検査の結果、過食嘔吐が危険だとわかった理由について、ご紹介します。

 

過食嘔吐などに悩んでいる人は、体の外見にでる症状にとらわれている人は多いです。
例えば、むくみや唾液腺が腫れたりや通常とは違う痩せ方などさまざまあります。

 

過食嘔吐は、痩せたいという感情などからくることが多く、外見にでる症状にとても敏感になっています。
近年では、心理的な部分が過食嘔吐をしている原因として注目され、治療法などがでてきているが、もっと重要なものは別にあるのです。
もちろん、心理的な部分も大切ですが血液はもっと大切です。

 

血液検査からわかる危険な理由について、ご説明します。

スポンサーリンク

過食嘔吐の人が血液からわかることとは?
・ホルモン数値が異常
・高コレステロール症
・貧血
・白血球の減少
・低カリウム血症
・ミネラル不足
などが多くわかるのです。

 

血液は生きるために、とても重要なものなので血液がうまく働いてくれなければ生きることもできないのです。

 

血液からわかることは、心理的な部分以外はほとんどわかるので、重い病気になるまえに対処するべきなのです。
よく過食嘔吐している人で多いのが、フラフラしてる症状を思い込みから「痩せきているから体が軽い」と間違った思い込みもすることが多いです。

 

思い込みからの放置することが、病気の悪化にもつながるので、まずは病院に行き血液検査をすることをオススメします。

 

まとめ

 

・人間には血液は体を動かすとても重要なものです。

 

・血液から病気の状態は大部分わかるのです。

 

・一度血液検査をしてみることが大切です。

スポンサーリンク