過食嘔吐 吐けない 原因

過食嘔吐から吐けない症状になる原因

スポンサーリンク

今回は、過食嘔吐から吐けない症状になる原因についてご紹介します。

 

過食嘔吐とは、食べ物などを食べていて、食べたものなどをすぐ吐いてしまう症状のことです。なので過食嘔吐の患者は、よく食べるのですが痩せている患者がほとんどなのです。

 

しかも過食嘔吐で、10年悩んでいる人は結構いるのが現実です!
ですが、長年過食嘔吐と付き合ってきたのに急に吐けないという症状がでることがあるのです!考えられる原因についてご説明します。

 

・食道の滑りが悪いから嘔吐できない
滑りが悪いと吐けない原因となります。吐く前にコップ3杯ぐらいのお湯などを飲んでみよう。

 

・吐きすぎによる筋力の低下
吐くって動作には腹筋などを使うので、栄養不足から筋力の低下して吐けない場合も考えられます。

スポンサーリンク

・食べる物によって吐けないことがある
食べた物は胃に行きますが通り道として必ず食道を通ります!この食道や胃に引っかかりやすい硬いものなどは吐きづらいと言えます!人それぞれですが、食後にアイスクリームなどを食べると吐けるという人もいるのです

 

・病院をいくサインかもしれない
過食嘔吐や痩せたいなどからくる心理的な部分が多いですが、嘔吐できない不安から下剤などを多く使う場合がありますが!そこで一つ考えてほしいことがあります!

 

過食嘔吐を続ければ、もちろん細い体は維持できます!
だが、長い目で見れば栄養不足から腰などが曲がったりするんですよ?
猫背よりひどい状態になってしまうんです。
外見きにするんだったら、先に起こる不安を気にしないんですか?
若くしておばあさんみたいな、背中はとても美しいとは言えませんよ?

 

なのでこの時に一度考えてほしいです。
病院の先生やジムのトレーナーなどの指導のもと、食事制限や運動したほうが、ずっともっと綺麗になるはずですから!

 

まとめ

 

・嘔吐できないのは病院に行かなければいけないサインかもしれないので見逃さないようにする

 

・綺麗やかっこいいなのど保ちたいならば、嘔吐することは根本的に違う!

 

・病院の先生やパーソナルトレーナーなどを付けるほうが、綺麗は保つことができる。

スポンサーリンク