過食嘔吐 だるい 症状

過食嘔吐のだるい症状の原因

スポンサーリンク

今回は、過食嘔吐のだるい症状の原因についてご紹介します。

 

過食嘔吐で悩んでいる人で、だるくてなんにもやる気がでないことってないですか?
一瞬うつ病かな?とも思える症状ですが、過食嘔吐をしているとうつ病になることがあるのです。

 

んじゃやっぱりこの体のだるさはうつ病なのかな〜とおもうかもしれませんが、うつ病以外にも考えられることがあるので、ご説明していきます。
インスリンというホルモンを知っていますか?
インスリンとは、過食などをすると血糖値が上がりますがその血糖値を下げてくれる働きをするのがインスリンといいます。
このインスリンが、うまく働いてくれないと糖尿病などになったりします。

 

糖尿病の反対を低血糖症といいます。
インスリンが働きすぎて、血糖値を下げる病気です。

スポンサーリンク

低血糖症には、体などがだるくなる症状があります。
他には、疲れやすいやイライラする症状があるのです。

 

過食嘔吐をすることにより、低血糖症になるのではありません。
低血糖症だから過食をしてしまい過食嘔吐してしまうのです。
血糖値がインスリンにより急激に下げられたことにより、人の体には空腹感というのが生まれるのです。
インスリンが多くでることにより血糖値がコントロールできないので、過食症になるのです。

 

過食嘔吐で体のだるさになyんでいる人は、低血糖症で体にだるさがでている場合があるので、砂糖やブドウ糖を多めにとることをオススメします。
例えば、コーラやその他の缶ジュースなどを飲んでみてください。

 

まとめ

 

・体のだるさは低血糖症のせいかもしれないのです。

 

・低血糖症は対策として、砂糖やブドウ糖などをしっかりとることが大切です。

スポンサーリンク