妊娠 過食嘔吐 影響

妊娠している時に過食嘔吐しても大丈夫か?子供に影響はあるのか?

スポンサーリンク

今回は、妊娠している時に過食嘔吐しても大丈夫か?子供に影響はあるのか?についてご紹介します。

 

妊娠は、女性ならば一度は通るかもしれない道です。
過食嘔吐なども、男性よりも女性がしやすい傾向があり、多いのは痩せたいなどの強い願望の心理的な部分からが多いと言われています。そんな女性が、妊娠したときに過食嘔吐の症状のままでも大丈夫なのだろうか?

 

人それぞれなのですが、過食嘔吐が治る場合があるのです。
妊娠の時に起こるつわりで食べ物が食べれなくなることで、過食をやめ結果過食嘔吐もしなくなったという体験談があります。
その反対に、妊娠時のストレスから過食を悪化する人もいるのも現実ですし、出産をした後などにも食べていなかった反動で過剰過食をして今までよりも過食嘔吐がひどくなったということおあるようです。
中には、妊娠前は過食嘔吐などしていなかったのに、出産のあとに反動で過食嘔吐をするようになる人もいるのです。

スポンサーリンク

子どもに影響はあるのか?
妊婦な人はここの部分が一番興味があるところだと思いますが・・・
残念ながら、子供に影響があります。

 

吐くことにより、栄養バランスが悪くなることからもちろんお腹の子供にも栄養のバランスが壊れてしまいます。
未熟児まではいかなくとも、一般的な体重よりもすくないことも多々あるのです。

 

妊娠時に吐くことにより、自分にもストレスがかかります。このストレスは出産を早める危険もあるのでとてもリスクがある行動です。
この記事を読んでいる妊婦の人は、もう一度自分を見つめなおしてください。自分ひとりの命ではないのです。

 

生まれてくる子供のためにも、過食嘔吐を克服することが重要ですし、担当の医者にしっかり協力をしてもらうことも重要です。
もし過食嘔吐を抜け出せないならば、まず妊娠は避けるべきでしょう。

 

まとめ

 

・妊娠時に過食嘔吐が治る場合もあるが悪化する場合もあるのです。

 

・お腹の子供には、栄養失調などの影響がでるのです。

スポンサーリンク