過食嘔吐 吐けない パニック

過食嘔吐できない!吐けないことでパニックは危険?

スポンサーリンク

今回は、過食嘔吐できない!吐けないことでパニックは危険?についてご紹介します。

 

今まで、過食嘔吐に悩まされていたのに、急にいつものように、吐けない症状がでてパニックになる人がいます。

 

過食嘔吐する人は、過剰な食事制限などのダイエットからくることが多いのですが、日々痩せたい!と思う心理から、食べ物が頭から離れなくなり、気がついたら過食していてその食べた物を嘔吐します!
ですが、嘔吐すれば大丈夫と思って、過食を続けていたのだが、急に吐けないようになりパニックになります。
実は、吐けなくなってパニックになるのはとても危険な可能性があるので、ご説明していきます。

 

・吐けない不安から、薬を大量摂取する。
パニック状態からですと、冷静な判断ができなくなり、下剤や病院などからもらった薬などを普段よりも多く取ることがあるのです。

スポンサーリンク

この状況は、よくありません。
下剤などを、多く取ることにより体の内部機能も低下して栄養バランスもよくなくなります。病院の薬も言われていた量以上に摂取することで、激しい頭痛などや様々な症状がでて、倒れてしまい気付いたら救急車で運ばれているってことにもなる可能性があるのです。
・他の薬を試すようになる。
病院から、もらったものだけでは不安で他の薬なども試したくなるのです。
パニック状態は、冷静な判断ができないので症状にしっかり合った薬を選ぶことができなくなり、症状を悪化させる可能性があるので、専門医にしっかり相談することが大切です。

 

吐けない原因はなんなのか?
・お腹の筋肉が吐きすぎで、筋力が低下して吐けなくなっている可能性があります。
・吐きにくい食べ物を、食べている。
・食道の滑りが、悪くなっている可能性があるので吐く前にお湯などを飲んでみる。

 

以上が原因として考えられるので、まずは実践してみて、それでも吐けないようであれば、まずパニックになる前に病院にいくことをオススメします!
親から与えられた、大切な命なので薬に頼る前にもっと他の方法をとることが大切です。

 

まとめ

 

・吐けないことはあるので、パニックにはならないようにすることが大切です。

 

・薬に頼ることは、悪化をする場合もあるので別な方法をとるようにしましょう。

スポンサーリンク