過食嘔吐 顔 特徴

過食嘔吐する人の顔の特徴とは?

スポンサーリンク

過食嘔吐する人には、顔の特徴があります。
ついつい食べ過ぎてしまって、こんなに食べるはずではなかったと思い自分を責めてトイレなどで嘔吐をするって人が過食症であり、過食嘔吐はとても辛いです。

 

ふと鏡などを見ると、食べた分すべて吐いたのに顔が大きくなっていたり、丸くなっていたりということは非常に多い症状の一つになっていますので、考えられる原因についてご説明しますね。

 

・顔にむくみがでている
過食嘔吐を、することによって胃液などと一緒に食べたものがでてしまいます。
よって、体の中に必要なミネラルのバランスが崩れることによってむくみが症状としてでるのです。

 

しかも、過食嘔吐をする人は、栄養分が不足していることが多く内臓機能が低下して、顔のむくみがでることがあり、しかも顔だけでなく、手や足にもむくみがでるのです。

スポンサーリンク

・顔が変形しているかも
過食嘔吐するときには、胃酸などが一緒にでるのですが、この「酸」が様々な原因を引き起こします。
歯を胃酸で溶かしてしまう可能性があり、最悪の場合には、歯がボロボロになり歯の詰め物などもすべて取れてしまうのです。
それでもなお過食は続けるようだと、悪くなっていないほうの歯で食べ物を噛むことが癖になります。
片方の歯で噛み続けることによって片方のアゴの筋肉だけが発達していき、顔の歪みの原因になるだけではなく、顔も大きく見えるようになってしまうのです。

 

以上が考えられる原因ですが、やはり過食嘔吐をする人の顔の特徴は
・むくみが原因で大きくなる
・アゴの歪みなどが原因で丸くなっている
などが考えられるので、本当に自分が綺麗にかっこよく見せたい場合は吐くことをやめたほうが一番の近道かもしれませんよ。

 

まとめ

 

・吐くことでミネラルバランスは悪くなり、むくみがでていることがある

 

・歯がボロボロになり、別の歯で噛む癖になり片方の筋肉だけが発達して顔が丸く見えてしまう。

 

・顔の特徴は、大きくなったり、丸くなったりする。

スポンサーリンク